コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 新聞記事

新聞記事

あなたの会社は、新聞・雑誌等の取材を受けて掲載されたり、またテレビで放映されたりなどしたことはないでしょうか。

新聞・雑誌・テレビなどのようなものは、あなたの会社を銀行によく理解してもらう、良いツールとなります。

なぜなら、新聞・雑誌・テレビなどで伝えられるあなたの会社の姿は、第三者の目から見たあなたの会社の姿だからです。客観的なものであるので、信ぴょう性を感じます。

また新聞・雑誌・テレビなどに出たということは、そういったものからあなたの会社を認められた、ということです。記事として成り立つものでなければそもそも取材を受けないので、あなたの会社の特徴を表現するものとなり、銀行としてはそういったものを見てあなたの会社を理解しやすくなります。

今までに出た新聞・雑誌の記事の切り抜き、テレビ番組のビデオテープを、あなたの会社を知ってもらう資料として、銀行にどんどん渡してください。またこの記事は○○新聞の○年○月○日号朝刊に出たものということも表示してください。そういった細かいデータが、記事の信頼性を高めることにもなります。

せっかくの記事です。記事として掲載されて終わりではなく、その後もアピールする資料として有効利用するようにしてください。

また、現在は新聞社等から声がかかってくるのを待つより、こちらから新聞社等に積極的にプレスリリースをうって、取材してもらうよう仕掛けていっている会社はたくさんあります。あなたの会社も負けないように、マスコミに積極的にアピールしていってください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう