コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 服装

服装

男性銀行員は、カジュアルデー以外は、銀行内ではみんなスーツを着ています。

銀行員は、信用を売り物にする職業です。お金を扱うからでしょうか。そのため、きれいな身なり、というのは、厳しく言われています。

そのため、銀行では、フォーマルな服装が定着しています。

そうすると、銀行に来るお客さん、特に融資申込みに来るお客さんの身なりは、銀行員としてはとても気になります。

例えば、茶髪であったり、別のカラフルな色に髪を染めている人が融資を申し込んでも、銀行としては、融資をしづらいでしょう。

真実かどうかはともかく、「髪の色を派手に染めている人は、不真面目=返済をきちんと行わない」このようなイメージで見てしまうからです。

また、サングラスをかけている人も、融資に通りません。

他、帽子も、融資申込み時には脱いだ方がいいでしょう。

なお、スーツで融資申込みにくるのと、私服で融資申込みにくるのとでも、印象が違います。

このように、銀行員の潜在意識の中で、融資申込み者がどのような格好をしているかによって、その後の融資の通りやすさが変わってくるのです。

反論があるかもしれませんが、スーツを着るくらいで融資審査が通りやすくなるなら、実行した方がよいのではないでしょうか。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう