コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > プロパー・保証付

プロパー・保証付

銀行でよく聞かれる用語に、「プロパー」「保証付」というものがあります。

「保証付」は、各地方にある、信用保証協会の保証がついた融資のことを言います。保証協会が貸し倒れリスクをかぶるため、銀行は安心して融資を行うことができます。

銀行は、企業から融資の申込みがあった場合、まずは「保証付」で融資を出せないか、考えます。

次に、「プロパー」は、「保証付」と対比されてよく使われる言葉です。

「プロパー」とは、信用保証協会の保証がつかない融資のことを言います。
担保があっても、ビジネスローンであっても、信用保証協会の保証がついていない融資のことは、全て「プロパー」と言います。

少し前は、例え担保がしっかりあっても、「プロパー」は銀行は及び腰だったのですが、ビジネスローンばやりの現在、本当に簡単に「プロパー」が出るようになっています。

「こんなんでも出るの?」というような決算書で、融資が出るものですから時代は変わった、という感じです。

時代が変わったのは、本当にビジネスローンさまざまだと思います。少し前なら信用保証協会の保証がつかなかったら、融資を受けられない企業が、続々と融資を受けることができています。

この環境を、ぜひ活かしてみてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう