コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 2月・8月

2月・8月

経営者の方はご存知かと思いますが、1年のうち、売上が落ち込むのは2月・8月であることが多いです。

2月は日数が少ないこと、8月は夏休みが入ることが原因です。

私の会社も、今までで、2月の売上が一番落ち込みましたし、今月8月は前月より売上が少なくなりそうです。

2月・8月が売上が落ち込むとすれば、考えておかなければならないことは、売上減少にともなう入金減少の影響です。

例えば、小売店など現金商売の会社であれば、今月は入金が少なくなるでしょう。

翌月に売上代金の回収を多く行う会社であれば、9月の入金は少なくなるでしょう。

翌月に売掛金が現金もしくは受取手形になり、手形サイトが平均3ヶ月の会社であれば、9月の3ヶ月後、12月の入金が少なくなるでしょう。

このように、入金が少なくなる時期は、手元の現金預金が少なくなる時期となります。

その時期は、当然、運転資金の需要が発生する時期です。

資金繰り表を作り、年間計画を立てておけば、このように、現金預金が少なくなって資金の手当て(=借入)が必要となる時期があらかじめ分かり、前もって、資金調達などの対策をとっておくことが可能なのです。

そのような予測を行っていなければ、突然、

「来週の支払資金が足りない」

というような、いきあたりばったりの対応になってしまうのです。

ここでも、「資金繰り」を考えることの大切さがお分かりいただけるかと思います。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう