コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > メール

メール

一般企業では、連絡事項をメールでやりとりすることは多く行われていますが、銀行では、メールで顧客と連絡を取り合うということは、一部の銀行を除いてほとんど行われていません。

今どきメールぐらいで最先端もないと思いますが、銀行というところは保守的で、新しいものを取り入れたがらない傾向にあります。インターネットもそうですし、メールもそうです。

私のいた銀行では、支店長・次長のパソコンでしかインターネットが見られず、新規見込み客のホームページをチェックしたり、土地の相場を調べたりするためにインターネットを使いたくても、次長の許可を得て、次長の机で見るしかありませんでした。

また、外部とメールでのやりとりを行うこともできませんでした。取引先からいろいろな書類の提出を受けたくとも、メールが使えないのでFAX・郵送などの手段を使ってもらっていました。

セキュリティ対策などいろいろな理由はあると思いますが、銀行というところは、このように、古い体質のあるところです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう