コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 小さな金融機関と取引開始するとき

小さな金融機関と取引開始するとき

金融機関といっても、大きなところから、小さなところまで、いろいろあります。

大きなところと言えば、都市銀行ですし、小さなところと言えば、信用金庫です。

都市銀行は、どの銀行も、ビジネスローンに力を入れています。
都市銀行と融資取引を開始したいときは、ビジネスローンから始めるとよいでしょう。

一方、信用金庫は、ビジネスローンの商品を用意しているところでも、新規融資取引は、保証協会保証付融資から、というところがほとんどです。

保証付融資ですと金額がどうしても小さくなってしまいますので、1回の融資金額が大きい傾向にある都市銀行としては、保証協会の利用からではなくビジネスローンの利用から、新規融資取引をはじめてほしいという考え方をしていますが、信用金庫は、逆に、まずは信用金庫にとってリスクのない、保証付融資からはじめようとします。

ビジネスローンの商品を用意している信用金庫でも、はじめはビジネスローンから融資取引をはじめさせてくれるところは少ないです。

となれば、保証付融資は信用金庫優先、という資金調達戦略が考えられることになります。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう