コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 支払手形を切っている企業の方へ

支払手形を切っている企業の方へ

みなさんご承知のように、支払手形のこわいところは、「不渡り」です。

不渡りが6ヶ月以内に2回あると、銀行取引停止処分になり、それは、「倒産」を意味します。

一回でも不渡りがあれば、ほとんどの企業が、二回目も不渡りを出します。

そのため、支払手形を切っている企業は、それが不渡りにならないよう、万全の注意をしなければなりません。

できれば、支払手形は切らない方がいいです。

支払手形を切っている企業は、支払手形から買掛金で長いサイトにしてもらったり、銀行から借入れを行って支払手形をなくすなどの方法により、支払手形の量を減らしていくことができます。

言ってみれば、支払手形を切っていない企業は、「倒産」ということになりにくいです。

「不渡り」という、最終宣告が、支払手形を切っていない企業にはないですから、支払手形を切っていない企業は、自らが法的整理を行わないかぎり、「倒産」は先延ばしできます。(債権者が債務者の法的整理を申請する場合もありますが。)

しかし、支払手形を切っている企業は、不渡りにより、倒産ということになりやすいです。

企業を再生していきたい考えがあれば、支払手形を0にしていく方向で考えることが必要です。

民事再生などの法的整理による再生ならまだしも、そうでなければ、支払手形を切っていない状態であれば、「不渡り」という最終宣告がないからです。

手元に資金がないからと、安易に支払手形を切ってしまう経営者、財務経理担当者の方がいますが、一度、よく考えてみてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう