コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 最近の都銀の傾向

最近の都銀の傾向

昨年は、多くの都市銀行が、ビジネスローンに積極的だった年でした。

4〜5年前の、「貸し渋り」という言葉がはやった時代から、大きく転換した感じでした。

しかし、最近は、都銀はまた、融資を引き締めているような感じがします。

東京三菱銀行とUFJ銀行は合併して、選択肢が一つなくなりました。

りそな銀行はビジネスローンは縮小しています。新規客が、融資を受けるのは難しそうです。

みずほ銀行は、外部の保証がついたローンに変えています。

前と変わらないのは、三井住友銀行ぐらいですね。

中小企業にとって、ビジネスローンはとても借りやすかったのですが、最近は厳しくなっていますね。

そのような時代に、中小企業はどうしたらよいでしょうか。

ふだんからの資金繰り改善、試算表作成による現状把握、融資を引き出しやすい決算書の作成など、資金調達、資金繰り改善に向けて、やっておくべきことはいっぱいあります。

社長は、財務のこともしっかり考えた方がいいですね。

もしくは、税理士に相談してもいいかもしれません。コンサルタントに相談してもいいかもしれません。

営業、売上が「攻め」とすれば、財務、資金繰りは「守り」です。

「攻め」と「守り」がしっかりしていなければ、中小企業が長い期間存続するのは難しいです。

都市銀行など、金融機関の融資姿勢がどうなろうとも、資金繰りは大丈夫なように、態勢をととのえておきましょう。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう