コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 融資を希望金額どおりに出させる方法

融資を希望金額どおりに出させる方法

私たちが多く受ける相談の一つに、

「融資は受けられたが、希望金額より少ない金額になってしまった。」

というものがあります。

例えば、希望金額を2,000万円に言っておいたが、実際に審査がおりたのは1,000万円だった、というように、です。

ただ、希望金額どおりにできるのはなかなかないのが普通です。

ここで、銀行員の心理を考えてみます。

コンピュータが審査を行うビジネスローンは別として、融資は、人間の目で審査されます。

融資は、それを出すことによって銀行には利息収入が入ってきますが、一方その企業が倒産したら、銀行は貸し倒れとなり、損失をかぶってしまいます。

ということは、貸し倒れをなんとか出さないよう、融資審査は慎重に行われます。

そこから考えると、審査を行う銀行員の心理としては

「今回は2,000万円を申し込まれたけど、ちょっと心配だなあ。減らして1,000万円にしよう。」

ということになりやすいのです。

銀行の審査において、融資が出る金額というのは、これだけは絶対に出る、というものはありません。なんとなくこれだけ出る、というものです。
結構、感覚で決めるところが大きいのです。

また、企業から言われた融資希望金額より少ない金額で審査を通すと、後に万が一貸し倒れとなった場合、上から審査の適切さを問われても、

「今回は貸し倒れとなったが、審査はしっかり行った。」

という言い訳がしやすくなります。貸し倒れの事態も想定して、希望金額より少なくして審査を通した、という言い訳がしやすくなります。

では企業としては、どうしていけばよいでしょうか。

それは単純に、経営者が本当に希望する金額より多めの金額を、融資希望金額として銀行に伝えることです。

2,000万円を融資してほしいのなら、そのまま2,000万円を融資希望金額として伝えると、減額して1,500万円や1,000万円にされやすいです。

それであったら、希望金額を3,000万円で伝えてみます。

そうすると、減額されて、実際に経営者が希望する金額ぐらいは出る可能性が高くなります。

このような話を聞いて、経営者としては、なんて単純なんだ、と思うのかもしれません。

しかし実際には、結構効果があるのがこの方法です。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう