コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 社員一人が辞めても大丈夫な体制を築く

社員一人が辞めても大丈夫な体制を築く

私どもにご相談にこられる企業の中で、多いパターンが、社員1人が辞め、それでガタガタになってしまった、というパターンです。

特に多いのは、トップ営業マンが辞めた場合です。

トップ営業マンが、今まで会社の売上の多くを作ってきたため、その人が辞めたとたん、売上が立たなくなって、一気に売上が落ち込んでしまう、というケースが多くあります。

このような場合、問題なのが、売上を上げることが、個人のスキルに依存しすぎてしまっている、ということです。

個人のスキル頼みではなく、売上を上げるための仕組み化ができてこそ、その会社は安定的な売上を上げられるようになります。

社員一人辞めても大丈夫なようにするには

仕組み化とは、見込み客を集めるための仕組みを構築すること、そしてどの営業マンが対応しても一定数はクロージングできるように、アプローチ方法やトークなどマニュアルに落としこみ、それらを教育やロールプレイングで身につけさせていくことです。

あなたの会社で、この人がいなくなると、会社が大きく傾く、という人はいないでしょうか。

そこを常に考えておき、1人が辞めても大きな影響が出ない状態であるか、見ておく必要があります。

また管理部門系の社員が辞めた場合、その事務が他の人でもすぐに引継ぎできるよう、マニュアルを作っておくことは大変重要なことです。

このような、社員が1人辞めても大丈夫な体制をとっておくことは、売上が上がっている時ほど、しっかり考えておく必要があります。

社員1人が辞めて、はじめてその体制をとっておく重要性に気づくのであれば、それは遅いです。

個人のスキル頼みであること、それでは「事業」とは言えないでしょうし、いくら売上が伸び続けているといっても、いつかは大きな反動がくることでしょう。

もし売上が伸び続けている会社であれば、特にそこは気をつけるべき点です。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう