コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 経営改善のスタートライン

経営改善のスタートライン

一人時間を設定する

なかなか一人で振り返ったりする時間が持てないと思われるなら、例えば、
毎週○曜日の△時から□時は、一人になると決めてしまうべきです。週単位で
も構いません。しかし、月一回や二回では、少なさ過ぎるでしょう。
ポイントは、「定期的に決まった時間」であること。

そうと決めてしまえば、止むを得ないお客様からの至急の対応が発生した場合
を除いては、他の予定を排除することは可能です。

毎日、ほんの10分という条件でも構いません。ただしこの時間だけは、携帯電
話ですら電源を切って、外からの干渉を断つことを心がけて頂ければ、もっと
効果は上がるでしょう。

一人場所を用意する

実際、多くの社長様とお話させて頂いていますと、一人になろうとすることへ
の障害になるのは「一人になれる場所がない」ため、どうしても周りから話し
かけられることで、一人になりたくともできなくなってしまう、というもの。
ご家族ですら(不愉快感や不信感を与えない配慮をしつつ)入ってこれない場
所が必要です。

お勧めは、自動車をお持ちの方であれば、「自動車の中」です。
できるだけ、他の皆さまと断絶している場所がよいです。周りの方の会話が聞
こえてきてしまうようなファミリーレストランや、客入りの多い喫茶店より、
閑静な雰囲気を持つお店がよいでしょう。中には、「一人でカラオケボックス
に行き、1曲だけ思い切り歌ったついでに、30分ゆっくりスケジュールや未済案
件のチェックをした」という社長様がいらっしゃいました。

決めなくてはいけないこと、わからないことをまとめる

無事一人になることができたら、メモをとってみてはいかがでしょうか。
決めなくてはいけないこと、決められない理由、決めるための条件、そして、
「何が分かれば決めることができるのか」
「だれに聞けば決めることができるのか」

これを一通りメモして、順に、電話でもメールでも、相手に聞いて下さい。
その回答が返ってくるたびに、決めた条件の通りに進めていきましょう。

経営改善のスタートライン

自分ではどうしようもない、外部要因の影響が大きい中小企業にとって、
「自分がちょっとくらい考えたところで・・・」と弱気になってしまう方もい
らっしゃいますが、弱気になる必要はありません。

もともと、外部要因というのは「適応するべきもの」であって、自分ではどう
しようもないものについては、あらかじめ備えを持てるかどうかに尽きます。
足元の問題であればなおさら、自らが何らかの行為をすることで、都合のよい
解決を導くことはできません。

何かを変えたいとした時に、最も確実なのは、あなたの悩みを解決することです。
あなた自身が一番、「変われば変わる」ものなのです。
あなた自身を大切にして、状況を落ち着けることからはじめて下さい。
経営改善のスタートラインは、あなたの悩みを再確認するところにあります。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう