コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 会社を語る

会社を語る

私 :「次回の会議で、当社の強みについて社員に議論してもらおうと思っています。」
社長:「是非、すすめてください。」
私 :「その際、最後に社長からも回答を提示して欲しいのですが。」
社長:「なるほど。それは経営理念に通じることだな。」
私 :「はい。その理念をかみ砕いて、社員の皆さんへ伝えてください。」
社長:「よし、分かった。」

これは一見、社員教育のように思えるが、真意は、社員と社長の考えを
すり合わして欲しいという要望である。

特に創業社長であれば、自分の言葉を経営理念や社是に込めて文字にしているが、
その言葉が難しかったり、色々な意味に捉えることができたり、
言葉は知っているが、本当の意味を知らない社員がいるものである。

このように言うと、その説明は、年度初めの事業計画の発表の際、
伝えていると言うかもしれないが、それはそれで良いのであるが、
それは社長からの一方通行である。

実際、ある企業で上記のような打合せを行い、社員研修を実施したことがある。
その研修は、営業研修の位置付けで行ったのであるが、驚く結果が出た。

それは、自社の強みは10人いれば10通りの意見が出てきて、
最終的にそれをまとめようと思うが、なかなかまとまらなかった。

その半面、ライバル会社の強みとなると、あっという間に意見が3つにまとまり、
全員がそうだとうなずいた。その様子を見ていた社長は、大慌てである。

このように当社の強みが人によってバラバラであることは、
当然営業成績も人によってバラバラになっており、もっと致命的なことは、
第三者から見ると本当に同じ会社の社員なのかと疑ってしまうことである。

つまり、商品知識とか細かいことではなく、もっと大枠のところでずれており、
会社の信頼に関わることである。

最後に社長から、こんな言葉が出た。
「いつも会議や朝礼で言っているだろう。何故、意見がまとまらないのか。」

その時だった、本当の答えが出た時は。
「だって、社長が言うことがいつもコロコロと変わるから、
どれが本当なのか分からないからです。」と。

社長の言葉は、社員の言葉の何十倍、何百倍もの重みを持っている。
社長としては、それほどまでと思うことが、
社員にとってはものすごく重要なことになるものである。

時と共に考えが変わることは、当然である。
であるならば、変わった時に社長と社員の意見をすり合わせて、
修正する作業が必要となる。
是非とも、以前言ったからということは、止めていただきたい。

執筆:野上智之

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう