コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 経費の精査

経費の精査

私 :「社長、車両費が昨年より多くなっていますが、なぜですか。」
社長:「営業活動に力を入れているからだろう。」
私 :「それにしても、売上は昨年より落ちていますよ。」
社長:「落ちているからこそ、力を入れないと。結果はこれからだよ。」
私 :「そうですね。それでは経費の中身は、確認されていないのですか。」
社長:「移動すれば、経費はかかるものだ。」

日常生活で、値札を見ないで買い物ができる人は、どのくらいいるだろうか。
ゼロとは思わないが、少ないと思う。

一般的に、日常生活で自分のお金を払って買い物をする場合、
所持金額と買おうとする物の金額は確認をする。
そして、買おうとする物の金額が、全く同じ物であれば、
1円でも安い方が良いに決まっている。当たり前の心理であろう。

しかし、これが会社の経費となると、話が真逆になる場合がある。
購入しようとする物が一体いくらするのかを確認せず、業務に必要だから買う
というのである。

また、A社よりもB社の方が、同じ物が安く購入できるかもしれないのに、
これまで使っている業者だからと見直しも行わず、購入している。

これで、経費の削減ができるだろうか。絶対にできない。

だから、利益が残らない。

ここからの脱却には、物を購入する場合、会社のお金ではなく自分のお金だと
思うことである。

ある会社の社員が、このようなことを言っていた。
ETCが搭載されていない営業車の場合、自分の財布からお金を
一時立て替えなければならないので、距離が近い時、高速道路に乗るのは止めて、
一般道を走るそうである。

これは、自分の財布から、今、お金が出るのが嫌だからである。
逆を言えば、ETCが搭載されていたら、高速道路に乗っていたかもしれない。

また、ある会社で車両費の割合が高かったので、数ヵ月分の高速道路の領収書を
調べたことがある。

その時、たった一区画の距離700円の阪神高速道路の領収書を数枚見つけた。
そこで、高速道路に乗った理由を社員に聞くと、楽だからと返答があった。

また、ある社員はボールペンが無くなり、直ぐに欲しかったという理由で、
150円のボールペンを買いに、700円の高速代を払って近くの店を訪れていた。

このように文章で見ると、”え”っと疑問を持つ方は多いと思うが、
これが実際の会社の経費の使い方である。

会社のお金も自分のお金も同じと思えば、確実に経費は削減できる。
しかし、それをチェックする機能も不可欠である。
そうしないと会社には、お金は残らない。

 

「2011年11月29日」執筆:野上智之

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう