コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 数字を追う

数字を追う

会社の業績数字は、毎月の試算表に表されています。
その数字を見ている人は、誰でしょうか。経理の方だけでしょうか。
そんなはずはありません。この数字は、大海原に浮かぶ会社という船の羅針盤
であるので、船長である社長がこの数字から、次の指示を出すものです。

私 :「社長、毎月試算表を見て、前月を振り返っていますか。」
社長:「時間がある時は、見ているよ。」
私 :「それでは、時間が無い時は見ていないのですか。」
社長:「だいたいの結果は、分かっている。」
私 :「では、今期の累計での経常利益額はいくらですか。」
社長:「それは、紙を見れば分かるよ。」

会社の数字から目をそらす。その瞬間は、精神的に楽にはなるが、改善の
後回しであり、その後に大きな苦が襲ってくる。

数字は追われると苦しくなり、こちらから追うと楽になる性質を持っている。

業績が思わしくない時、気持ちとしては、ひと時でも良いので現実から目を
そらしたいと思うのも理解できる。しかし、目をそらしたからと言っても、
何の解決になっていないのも事実であり、社長もこのことは良く理解している。

だからこそ、あえてここで伝えたい。

どんなことがあろうが、常に数字から目をそらさないことと。

私の経験値としては、多くの中小企業の経営者は、数字に追われているから
苦しんでいるように思う。私は、この苦しみからぜひ脱却して頂きたい。

そのためには、自分の会社がどこに向かいたいのかを明らかにし、そのための
行動計画を立てる必要がある。

計画というと、売上高や利益などの数字のみをエクセルなどで作成している
会社は多い。

というのも、金融機関から提出を求められたからとか、社内で営業目標を
掲げるためだけ、といった理由で作成されており、そもそも、その数字を本当
にやり遂げたいと思っているのか、疑問に思うことがある。

仮に昨年対比で130%の売上計画を立てた場合、そのための施策がやりたいこと
になっているか、なんとなく右肩上がりでないと、という気分で作った数字
なのかでは、結果は大きく異なる。

これが、数字を追うか、追われるかの違いである。

このようになる要因として、どうも計画という言葉が数字のみというイメージ
をもっている人が多のではないかと思われる。

余談であるが、会社で目標を立てようとした時、営業は数字ですぐに目標が
つくれるが、総務などは数字で表すことが難しいので、目標が作れないという
言葉を聞く。

数字を追うためには、しっかりと未来のイメージを持ち、それを達成するため
の行動計画を明らかにすることである。そうすれば、やりたいことができた時
の達成感や、できなかった時の腹立たしさを覚え、すぐにさらなる高みや修正
を自ずから行うものである。

だからこそ、ぜひとも数字をこちらから追いかけていただきたい。

執筆:野上智之

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう