コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 意見の対立

意見の対立

様々な企業様の会議の場に立ち会うことも多いです。

その中で、様々な会議があります。社長、司会者しか発言がない会社、
どんどん意見が出る会社、いつも意見の対立がある会社などなど。

今回は、その中で「意見の対立」がある会社についてです。

会社の規模にもよりますが、ある程度の人数が集まれば、様々な意見
があるのが当然です。

経営理念や方向性が定まっていない状態での意見の対立は、全く逆の
意見の対立ですので、企業が停滞してしまう可能性があります。よっ
て、理念や方向性は定めることは、この場面でも重要です。

しかし、経営理念や方向性が定まれば、意見の対立はなくなるかとい
うとそうではありません。

大局は決まっていても、詳細は様々な方法があるので、そこでの意見
ややり方の違いは出てくるからです。

でも、この場合の意見の対立は、組織が健全に動いている証拠でもあ
るのです。それらの意見の対立から、より良いものが生まれます。
さらに、理念や方針が明確なので会議の場では、意見の対立があって
も、最終的に、どちらの意見が通っても、全社一体となって進めるこ
とができるのです。

よって、会議で「意見の対立」があること自体は問題ありません。しか
しながら、その前に会社の理念や方針が定まっているかどうか、そして
それが将来の会社のプラスにつながるかどうかが重要なのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう