コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 自責と他責

自責と他責

この言葉を聞くと耳が痛いとおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

相談を受けている時、現場で経営改善している時など様々な場所において
他責で物事を考えている方を多く見かけます。

他責とは何か物事がうまくいかない時に、自分以外の何か(誰か)のせいに
してしまう姿勢の事です。

例えば、会社が悪い、経営者が悪い、上司が悪い、部下が悪い、システム
が悪い、教育制度が悪い、世の中の景気が悪い・・・等がこれに当てはま
ります。

皆、人間ですから物事がうまくいかない時に他責に逃げたくなるものです。
実際に私も過去、他責であったし、今でも誘惑に駆られる事はあります。

しかしながら他責で物事が進んだとか、行き詰った状況が改善された事は
ありませんでしたし、余計に悪化の一途を辿って行った経験もあります。
これは即ち他責で物事を考えるという事は非常に時間の無駄という事です。
経営者そして多くのビジネスパーソンにおいて時間の無駄という程、
資源の浪費は無いでしょう。

では自責とは何でしょうか?

自責とは物事がうまくいかない時に、自分の責任と捉え、その解決策を
絞り出す為に、自分は何を考え、どの様にしていけばよいのか?自分に
何が出来るかを徹底的に考え抜く姿勢の事です。

極端な例を話すと、交差点に横断歩道が無いのも、電信柱が高いのも、
部下が育たないのも、会社の経営状態が悪いのも、みんな自分のせい
だと考える事です。

自責の立場で物事を考えると効果的なアクションや改善策が生まれて
くることが多い。つまり、実際の責任がどっちにあろうと関係なく、自責
の立場にたって思考するという習慣をつければ成果に繋がる効果的な
方法が見つかり易い。

以下の言葉をお読み頂いている方へお伝えします
『責任転換は成長機会の自己否定である』
まさにその通りだと思いませんか?

成功している経営者、伸びている経営者に共通するのはみな自責の
人です。
「うちの社員は働かない」など決して言いません。「うちの社員は良く
働いてくれるが、どうしたらもっと社員が働きやすい環境をつくれる
だろうか?」とおっしゃいます。

自責の姿勢を身につける。成功する経営者の必須条件です。

もし仮に今あなたが他責の人であれば、他責から決別する事から
始めてみてください。まずは一歩踏み出す勇気が必要です。

執筆:奥田雄二

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう