コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 従業員・管理職の育成

従業員・管理職の育成

企業規模によっては、社長一人で会社のすべての仕事ができるわけで
なく、部下に仕事を任せる必要も出てきます。

ここで出てくるのが、部下育成、従業員育成であり、さらには、管理
職の育成です。

これらが上手くできると「1人プラス1人が2人の成果を出す」よう
な相乗効果が生まれるために、従業員や管理職が増えるごとに会社も
加速度的に成長して行きます。

逆に、従業員育成や管理職育成が上手くいかないと、「人に任せるく
らいなら自分でやったほうが良い」という感じになり、成長が止まる
ことになります。

もちろん、企業によっては企業規模の拡大を目指さない場合もありま
すが、成長を目指すのであれば、従業員育成や管理職の育成は、不可
避な課題でもあるのです。

では、どのように従業員育成、管理職育成をしていくべきなのでしょ
うか?

これは、業種や企業規模によって違いはあると思いますが、上記のよ
うに「相乗効果ができるように!」というのがポイントになります。

例えば、ギリギリ、1人で運べるかどうかの重い荷物を運ぶ時、2人
で協力すれば楽々運べます。一方で、2人いても、1人が運ぼうとす
るのをもう1人が邪魔する状態であれば、運ぶことすらできないので
す。

この例のように、「2人で協力して楽々運ぶ」状態=「相乗効果」が
発揮されている状態を常に、作れるような従業員育成、管理職育成を
していくことがポイントとなるのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう