コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 銀行はBS重視からPL重視に変わるのか?

銀行はBS重視からPL重視に変わるのか?

「融資」の本質からいえば、BSを軽視することは不可能、あり得ません。

経営者はBSよりもPLを気にしています。
一方、銀行はBSの分析を大事にしています。

銀行が融資を出すときは、特に資産が一定以上(あればあるほど)あることを
良しとします。

ここで、銀行がBSを無視できない理由を、融資と投資との比較で考えてみます。
以下は、投資と融資において、投資(融資)を行った側にとって、
その後どうなるのかを簡記したものです。

・投資の場合
投資対象が成功する ⇒ 大きな配当を受け取る、元本も回収可能
     失敗する ⇒ 投資金額を失う、つまり元本は失われる

・融資の場合

融資対象が成功する ⇒ 金利を受け取る、元本も回収可能
     失敗する ⇒ 金利を受け取る、
            元本は「融資対象からでなくても可能な限り回収する」

投資と異なり、融資の場合には

「成功しても利息しかもらわない代わりに、失敗したら利息以外に元本を回収するために、
融資対象物でないものからでも回収する」

ことができます。

※これが投資の場合は
「成功したら大きな配当を受け取る代わりに、失敗したら元本を失うことが当然」
となります。

有担保の借入で、不動産を中心に抵当権をつけるのは、この表れです。
もし貸金を返済してくれない場合は、抵当権をつけた不動産を競売という形で売却し
お金は回収することができるからです。

「銀行にとっては、貸したお金の回収を追及する限り、
何かあった時に回収できる拠り所(=売却可能な資産)はあればあるほどよい」

⇒「貸借対照表の資産項目の規模・時価・将来性の評価を考えないなんて
ありえない」

では、なぜ、改めて「PLを重視する」ことが問われているのか?

この部分は、次回お伝えします。

執筆:今野洋之

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう