コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 条件変更の前に借換保証制度の利用検討を

条件変更の前に借換保証制度の利用検討を

業績が落ち込み、資金繰りが悪くなると、運転資金の確保をどのようにする
のか、ということが重要になってきます。

企業としては、なかなか、業績が回復することの見通しがない場合は、金融
機関に融資をお願いすることが必要となってきますが、金融機関も、業績が
悪くなって返済原資が確認できない企業へは、新たな融資実行しづらいです。

それで致し方なく、条件変更をかけて、元金返済額を減額してもらったり、
据え置いてもらったり、といったことになるのですが、当然、その間、新規
の融資実行は難しいです。

ですので、理想的には、

  ・条件変更をかけずに、

  ・条件変更と同等の状態にする

ことができればいいのです。

そこで活用できそうなのが、

  「信用保証協会の借換保証制度」

の活用です。

当該制度を簡単に説明いたしますと、信用保証協会付きの融資が複数あるも
のを一本化することで、月額返済金額を圧縮するとともに、更に、据え置き
期間も設定してくれる、というものです。

この制度は、金融機関が複数であっても利用できます。
市と県の保証協会が複数あっても利用できることあります。
(※保証協会付き融資には制度融資があり、まとめられないものもあります)

複数の銀行や保証協会があっても利用できる制度なのですが、複数の銀行
や保証協会がありますと、それぞれの銀行側の思惑や、保証協会の制度融
資について、総合的に理解している人がいないと、なかなか案件として出
にくいです。
(理想はメイン銀行の担当者になります)

ですので、企業側から「早めに」銀行へ提案することが肝要です。

これらの複数の金融機関の、複数の融資の内容を、理解してから動くこと
になりますので時間が掛かります。

そのためにも、早め早めの資金繰り予測をおこなうことで、いつから、
月次の経常収支がマイナスになってしまうのか、を掴んでおくことが必要
です。

銀行に対しても、いつまでに借換実行をしてほしい旨を伝えておけば、
資金繰りも安定し、安心して事業に邁進できます。

尚、「借換保証制度」は条件変更ではありませんので、別途、新規融資を
受けることも可能です。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう