コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 決算

決算

3月決算の会社も多いのではないでしょうか?3月決算であれば、
決算対策用の販売促進や様々な経理処理などで忙しい時期になります。

そして、見方を変えれば、4月から新年度を迎えるという時期でも
あります。つまり、新しいことを始める時期でもあり、新しい制度を
導入しやすい時期でもあります。

来年度も事業計画を(予算を)しっかり立てるのに良い時期です。
さらに、予算だけできても、その予算と実績の比較ができるように、
毎月の実績も出せる体制を作ったほうが良いのです。

よって、予算を作るのと同時に、もし毎月の試算表がすぐに出せる
体制でないのであれば、この機会に試算表をすぐに出せる体制を作る
と言う事も考えて見てください。

予算があって、試算表があれば、差異が出たとしてもその対策が早
めに考えることができるようになるからです。

また、3月で金融円滑化法が終了しますが、今後の融資・資金調達
もしくはリスケジュールなどの銀行対策においても、この事業計画
(予算)と実績(試算表など)がスムーズに出せる体制を作ること
は重要になるのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう