コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > キャッシュフロー計算書と資金繰り表

キャッシュフロー計算書と資金繰り表

メルマガやセミナーで、社内の財務戦略の判断する時に使うために
も、銀行対策の考える時のためにも「資金繰り表の必要性」はお伝え
している通りです。

しかしながら、「資金繰り表」自体をあまり作ったことがない、見た
こともないという企業も多くあります。

その中で、たまに質問を受けるのが、「キャッシュフロー計算書と資
金繰り表は同じもの?」とか「どのように違うのか?」と言う質問
です。

ここ10数年前後で、「キャッシュフロー計算書」が上場企業などでは
導入されてきたので、混同してしまう可能性はあります。

それは、「キャッシュフロー計算書」も「資金繰り表」も資金の出入
りを表すものだからです。

では、何が違うのかと言うと、「キャッシュフロー計算書」が過去の
入出金を表しているのに対して、「資金繰り表」は未来の入出金の状
況を表すものです。

つまり、「キャッシュフロー計算書」は過去分析などに使えますが、
未来の対策には、「資金繰り表」が必要となります。

また、未来の入出金を把握するためには、事業計画書がしっかり作成
されていないと、「資金繰り表」の作成は難易度があがってしまいま
す。

逆を返せば、「資金繰り表」がしっかり出来る体制と言うのは、事業
の未来像がしっかりと確立され、計画に基づいて着実に実行されてい
る企業になります。

このように、「資金繰り表」は単に未来の入出金を予想するだけのも
のはなく、その会社の将来を創り上げていく段階でも重要なポイント
を占めるものなのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう