コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 貸借対照表を読めるようにする

貸借対照表を読めるようにする

経営者は自社の成績を、タイムリーな月次試算表を作成することで把握していることと思います。

 

「今月の売上高は○○○円だった」、「経常利益は○○円だった」、「予算に対して○○円のプラスだ」、「前年対比○○円だ」、等々いろいろな面から検証されていることでしょう。

 

そうしたなかで、ご留意いただきたいのが、損益計算書のみの把握になってしまっていないか、という点です。損益計算書とは、ご存じのとおり、大雑把に言ってしまえば、一定の期間の、売上から経費を引いて、どのくらいの利益が出たかを見るものです。

 

  売上 - 費用 = 利益

 

成績表としてシンプルで、とても、わかりやすいです。

 

ただし、今後も経営に対して、厳しく接していくお考えがあるのであれば、貸借対照表を読めるようにする、ことをお勧めいたします。損益計算書上の利益というのは、「概念」であり「実態」ではないと思うからです。

 

企業にとっての一番わかりやすい「実態」は、手許の「現預金」です。(貸借対照表の左上にあります)

 

ここをいかに潤沢にすることができるのか、という点に、中小企業経営はかかっている、と言い切っても過言ではありません。あたり前のことではありますが、それがなかなか貯まらないもの事実です。

 

稼ぎ出したはずの「利益」が、どこに行ってしまっているのか、または、まだ来ていないのか、を毎月、月次試算表で読み取ってほしいのです。

 

  • 売掛金の残高は、前月と比べて増えていないか?
  • 在庫の金額は、前月と比べて増えていないか?(そもそも毎月計上されているか?)
  • 仮払金や貸付金が計上されていないか?
  • 建物や車両といった有形固定資産が増えていないか?
  • 保険等積立金や差入保証金を積み増していないか?
  • 買掛金の残高が、前月と比べて減っていないか?
  • 借入金の返済で、残高が前月と比べて減っていないか?
  • 役員借入金の返済で、残高が前月と比べて減っていないか?

 

大まかな項目としては、上記の様なものがございますが、自社の貸借対照表を決算のときだけでなく、毎月見ていくことで、お金の流れがわかるようになります。

 

債権の滞留であったり、過度な投資であったり、資金的余裕がない状況での支払や返済であったり、毎月、定点観測していくことで、見えてくるものがあります。

 

慣れるまでは、見にくい指標ではありますが、理解できると、会社の経営状況の「実態」が見えてきます。ぜひ取り組んでみてください。

 

執筆:坂将典

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう