コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 早めの対策

早めの対策

消費税が来年4月から8%になる予定と言うのは、売上の対策を考える
上では、重要なポイントです。

消費税増税は、半年前から分かっている事ですので、早め早めの対策
は取りやすいと思います。直前になって対策を取ろうとしても、準備
期間が少ないと小手先の対策しか取れない事になるので、なるべく早
めの対策が必要になります。

このように、売上対策などは、経営者の方も敏感に対応し、法律関係、
景気動向、業界の状況などを掴んで「早めの対策」を取れる企業は多
いです。

しかし、これが「資金繰りの早めの対策」を取っているかどうかとな
ると、極端に出来ていない企業が増えます。

売上対策としては、「早めの対策」を取れる経営者が資金繰り対策の
「早めの対策」が取りづらいのは、いくつかの理由が考えられます。

・資金繰りは、経理に任せているので、経営者自身が把握していない
・今まで何とかなって来たので、今回も何とかなると現実逃避している
・資金繰り表を作っていないので、そもそも資金が不足しているかど
 うかも把握していない
など。

資金繰り対策も、売上対策と同じで、資金不足が目前に迫ってからの
対策では、取れる対策が限られてしまいます。やはり、半年前から1
年前くらいの「早めの対策」が必要となります。

そのためには、経営者自身が、資金繰りを把握し「早めの対策」を
取れる体制を作る必要があるのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう