コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 環境の変化に対応

環境の変化に対応

「恐竜は、環境の変化に対応できずに滅びた」と言う説があります。
実際のところは分かりませんが、様々な研究がされているようです。



これは、ビジネスでも、「環境の変化に対応する」と言う教訓にも
なっています。



しかし、「環境の変化」とひと口に行っても、様々な「環境の変化」
があります。



例えば、「顧客の変化」だけ見ても、「顧客の嗜好が変化」したのか
「顧客数自体の変化」なのか、「競合他社の増加による顧客離れ」な
のかなど、様々な要因があります。



もちろん、「環境の変化」は「顧客の変化」だけでなく、「経済状況
の変化」や「技術革新による変化」などもあります。



つまり、「環境に変化に対応は必要」と言われますが、これは、お題
目にすぎません。



例えば、事業計画書で、「環境の変化に対応する」と言う言葉が書か
れている場合もありますが、これだけでは、変化に対応できません。



「どの環境の変化に対応すべきか」が明確でなくてはなりませんし、
その「環境の変化に対して、どのような対策を講じるのか」まで詳細
に分析されていないと、行動も出来ないのです。



環境の変化のスピードが速くなりつつある現代において、「環境の変
化に対応する」と言う気持ちを持つことはまずは大事ですが、その次
の段階として、実際の行動レベルまで詳細に決めて行かないと、気付
いた時には、「環境の変化に対応できなかった」と言う事になってし
まう可能性があるので、それは避けなければならないのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう