コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 人材育成

人材育成


『人材育成』はどの企業様も試行錯誤され努力をされていると思います。
特に中小企業様は、社長が牽引されるケースが多く、指導はしているけど
人材が育たないといった話をよく聞きます。



社長は永久的に企業活動が行えるわけではなく、次代に経営を引き継ぎ
永久的に企業を繁栄させる義務があります。



今回は『人材育成』~チームワーク~についてお話をさせて頂きます。



次代に必要とされているのは「個人」ではなく「チーム」で
仕事をするということです。


チームの成果を最大化するためには、ひとりひとりが自分の役割の中で
スキルを発揮し、リーダーシップを持ってチームを引っ張っていく必要
があります。協調性という便利な言葉がありますが仲良し集団になって
いるケースが多く見られます。できない理由を他人依存し自分達の問題
として考えない状態です。
各人のスキルアップを行わず、チームとして歩む姿勢が欠乏している
チームは成果を得られません。


必要なのは「チーム」という視点で新しい成果の生み出し方を再考する
ことです。
絆やつながりを超えた「新しいチームワーク」が必要となります。
チームとは、何かの目標に向かって進む集団です。


チームが成果を上げるためには



【1】戦略の必要性
   チームとして達成すべき目標が明確で、その道筋や手順が明瞭である
【2】人材
   優れた戦略だけではなく、それらを実現できる人材が必要である
【3】チームワーク
   戦略と人材がうまく機能することで、成果が生まれます
   チームワークとは、メンバー間でコミュニケーションをとったり、
   互いに助け合ったりする活動です


スキルは各個人により違いがあります。
チームをつくることで各人のスキルアップにもつながりますし強固な
チームワークも築けます。



テーマを決めチームをつくり進めていくことで各個人の新たな面も見え
てきます。
積み重ねがスキルアップ→強固な組織集団となります。


自社の現状を再認識し、強固な集団形成を行っていただくことヒントに
なれば幸いです。

執筆:小林憲司

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう