コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 終わりなき探求精神

終わりなき探求精神


今回は、日頃 皆様が手にされているペットボトルについてお話を
させて頂きます。



ご承知の通り、ペットボトル飲料が世の中に定着しており毎日のように
ご愛用されている方も多いと思います。



市場拡大もあり、各社の競争も激化しております。


ペットボトルは、名の通り本体はペット樹脂をプロ成形にて加工を
行っております。
キャップは、インジェクション成形にて製品加工を行っております。


本体の形状は軽量化、持ちやすさなどの追求を日々行っております。
同様にキャップも日々改良が行われています。
あまり目につきませんが・・・



キャップはねじ式であける時は、力が必要です。
当初はキャップに周囲は、形状はなく滑ってあかないとのお客様の
声をもとに波型、ギザギザ(凹凸)形状を採用しました。



現在は、ギザギザ(凹凸)形状が主流ですがこれでも非力な
お子様、老人は空けにくいとの声があり改良を重ね、均一な
ギザギザ(凹凸)形状ではなくランダムなギザギザ形状になって
きております。
結果、非力なお子様、老人でも用意にキャップを空けられるように
なりました。


技術には、終わりはなく、使われる方の声を聞き改良・開発を行って
行く必要があります。



成熟した社会であたりまえと思っているものでも視点を変えれば
新たなニーズを発掘できます。



自社の財産(お客様を始め、人、物、金)を見直して新たな視点で
企業活動を進めていただければ幸いです。


執筆:小林憲司

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう