コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 原価管理の重要性

原価管理の重要性


原価を把握することは簡単ではありません。
一定のやり方に基づいておこなう必要があります。



それが原価計算です。



原価計算をおこなうのはいくつかの目的があります。



大きく分けて次の5つがあります。



◆財務諸表作成
◆価格(売値、販売価格)の決定
◆原価管理
◆予算を作成・管理
◆経営の意思決定
などです。

財務諸表作成


財務諸表には、貸借対照表と損益計算書があります。



製品1個当たりの原価を集計しておかないと、損益計算書の当期の
販売数量(売上)にかかる売上原価(製品原価)がわかりません。
また、貸借対照表の仕掛在庫金額と製品在庫金額がわかりません。



正しく、決算書を作るためには、原価計算は不可欠です。

価格(売値、販売価格)の決定


製品1個のの売上原価をもとに、自分がおかれているビジネス環境を
みて適正な利益を乗せた売値(販売価格)を決定します。

原価管理


目標原価(標準原価)を設定し、実際原価との実績を比較することに
より製造の効率を高めたり、原価低減をおこなうことができます。

予算を作成・管理


例えば、
向こう1年の販売計画や利益計画を計算する場合、製品別の原価が
わかっていれば、1年先の売上計画、利益計画を簡単に作ることがで
きます。
また、部署別の予算も立てることができます。

経営の意思決定


1年先の短期計画だけではなく、3年先、5年先などの中長期の
設備計画や新製品計画を立てる際に原価計算の知識を利用して
正確な予測に役立てることができます。


原価を把握する場合、分類別に把握することが重要です。



分類別に費用を計算して原価を計算する必要があります。
自社のケースを考え、検討を行ってみてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう