コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 中小企業のM&Aとは?

中小企業のM&Aとは?


「M&A」と聞くと、以前、敵対的買収などがニュースを賑わしたことも
あり、「大企業のもの」と言うイメージが強いかもしれません。


でも、最近、中小企業のM&Aも活発化してきています。大企業同士の
M&Aにもメリットがありますが、それとは違うメリットが中小企業の
M&Aにはあるからです。


例えば、長年、地域に根付いて経営をしてきた企業であるが、後継者が
いないという場合(後継者問題、事業承継の課題)があります。


その場合、
「そのまま廃業するには、もったいないと言う感情面」もあれば、
「取引先が困ると言う実務面」もあれば、
「経営者が連帯保証になっている銀行借入をどうするかと言う資金面」
などの事業継承には課題があるのです。


その時に、後継者問題、事業承継の解決策の一つの手段として、M&Aが
あり得ます。



M&Aを受ける側のメリットだけでなく、M&Aする側としても企業規模
の拡大や新分野への進出がスムーズに行えるというメリットがあります。


もちろん、中小企業のM&Aにもデメリットはあります。
例えば、
「そもそも株式を売買する時の企業価値を計算をどのようにするのか?」
「経営者が変わって、M&Aした後、経営は成り立つのか?」
など不透明な部分もあるからです。



メリットもデメリットもあることは確かですが、「M&Aは大企業の物と
して検討もしない状態」からは脱して、一つの方法として、M&Aを検討
をしてみるのも良いことなのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう