コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 行動できる事業計画書

行動できる事業計画書

「行動できる事業計画書を作成しましょう」と言われたら、どのように思うでしょうか?

誰が「行動できるようになればよいのか?」と言うと、

その事業計画書を読んで、
「社長自身が、行動できる」計画書であり、
「従業員が、行動できる」計画書であり、
「協力してくれる会社(取引先等)が行動できる」計画書であり、

最終的には、
「銀行員が、行動(融資判断など)できる」計画書なのです。

なぜかというと、

その事業計画書を読んで、その通りに、社長や従業員などが行動
出来れば、売上、利益は出ます。
そうすれば、結果、銀行も融資が出来るようになるのです。

つまり、本当に「行動できる事業計画書」を作成出来れば、「資金調達
できる事業計画書」となるのです。

逆を返せば、「資金調達出来ない事業計画書」とは、「行動が出来ない
事業計画書」なのです。

なんとなく、「今年の売上の◎◎%アップくらいないと格好悪いから、
このくらいの数字で事業計画書を作成しておこう」と言うような作成
方法の場合です。

これでは、その事業計画書をみても、社長も従業員も行動が出来ない
ので、真実性が伴わず、銀行員に「絵に描いた餅」と思われてしまっ
て、融資が出ないのです。

「行動できる計画書」とは

「行動できる計画書」とは「来期は、△△と言う行動をとる。だから、
来期は、◎◎円の売上が確保できる」と言うような、明確な流れが出来
ている事業計画書です。

つまりは、「資金調達するために、銀行員の顔色を伺って、どのような
計画書にしようか」と言う視点ではなく、「自分たちが、どのように行
動していくかを明確にしよう」と言う視点で計画を立てるからこそ、
銀行員の方に伝わる計画書になるのです。

ぜひ、「行動できる事業計画書」と言う視点で、作成してみませんか?

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう