コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > M&Aを他人事にしない意識

M&Aを他人事にしない意識


国内市場は縮小に進んでいます。人口も減ってきています。
現在の日本の在り方では、避けられることのできない外部環境要因
です。


外部環境要因と内部環境要因という言葉は、SWOT分析等で聞い
たことがあるかと思います。


外部環境要因は自身で変えることができないもの、内部環境要因は
自身で変えることができるもの、といった区分も聞いたことがある
かも知れません。



基本的には、この考え方で間違えありませんし、まずは自身ででき
ること、コントロールできることから進めていくことが王道であり、
大切なことです。


では、それだけでいいかというと、そうでもありません。



自身でコントロールできないことでも、備えておけることはあるは
ずです。
そのためにも、自身の「強み」を認識しておくことは必要です。


今、日本の経営者の平均寿命は60歳と言われています。



30代40代の経営者もいらっしゃいますので、逆に60歳以上の年齢層
(60代後半や70代)の経営者も大勢いることになります。



そうした中で、企業や事業は続けたいものの、引き継ぎ手がいない
ということが多々あります。



逆に、事業規模を大きくしていきたい、という経営者もいます。
国内市場や自身の業界が縮小していっているなかで、自社のシェア
を拡大するのは至難の業です。


そんなときに、承継をしてもらいたい経営者と、シェア拡大を望ん
でいる経営者の二者が結びつくことができたら、お互いにとって
メリットがあります。



同業の業界内で、シェア争いしていくことは、当然、重要なことに
変わりないのですが、業界内の自社のポジションや、人間関係、コ
ミュニケーションを意識した行動がこれからは更に求められます。


今や、M&Aは大企業・中堅企業のものだけではありません。
中小企業・零細企業にも必要なことです。承継問題では、特に中小
・零細企業こそが必要です。


自社の「強み」が、承継をしてもらいたい経営者へ伝わるような取
り組みを、意識しておこなってはいかがでしょうか?

執筆:坂将典

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう