コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 不渡りの記録

不渡りの記録

【質問】

銀行における「不渡り」の時効はないのでしょうか。

実は、私は20年ほど前に、連絡の不行き届きによって560円の不渡りをだしました。
少額とはいえ恐ろしくなりそれ以来小切手は一切やめました。

ところが、この度新分野への進出のため銀行に融資の申し込みを致しましたところ、「以前に不渡りを出しているのでだめ」と言われ門前払いでした。

もしだめなら、40余年の過去を捨て、新規に起業ということにしようと思いますがいかがでしょうか。

(H.M様 64歳)

【回答】

不渡りの時効と言うより、不渡りの事実がいつまでも記録に残ってしまっています。
その記録が銀行に残っている限りは、あなたの会社はいつまでも融資を受けることはできないでしょう。

もし、連絡の不行き届きという事情があるのでしたら、だめでもともとでも、その事情をしっかりと銀行に説明し、理解してもらうのも手かもしれません。

しかし、新分野への進出ということですから、思い切って新規に起業してみたらいかがでしょう。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう