コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > メーン銀行と複数行とのつきあい方

メーン銀行と複数行とのつきあい方

2013年1月21日号

【質問】

弊社は介護事業を一昨年立ち上げまして昨年グループホームとデイサービスの
併設施設を開設いたしました。(借入金1億5千万円)

今回有料老人ホームの開設を計画し、銀行へ融資申し込み(1億7千万円)を
したところ、新規取引銀行から融資のOKをいただきました。
グループホームの融資をいただいていた銀行は新規事業は少し早いとの判断で、
その時点ではOKをいただておりませんでしたが、他行が融資をするとの判断
をしたことで融資をするとの回答を得ました。

弊社の今後の事業展開(今回の計画の後は当面新規事業の計画はない。
これまで融資をしてくれていた銀行は私どもの地域では大きな銀行で、
面倒見の良い銀行である。)等を考えると、このままメ-ン1行で行く方が
良いのではないかとの意見もあります。

融資条件に大きな差はありません。金利等で迷っているわけではなく、
弊社として2行取引にする大きなチャンスだとも思いますし、メ-ン行に対して
弊社は浮気はしませんから、最後までよろしくお願いしますという姿勢を
示して良い信頼関係を作る機会であるとも考えられます。
どちらを選択する方が、メリットが大きいかの判断に困っております。

(U様)

 

【回答】

取引銀行を1行にするか複数行にするかは会社の状況によって異なってきます。

一般的に事業規模が小さく、必要資金量が少ない時には、1行との取引を緊密
に行う方が良いです。なぜなら、そうする事で自社の状況を当該金融機関に十
分理解してもらい、融資の申し込みについても柔軟に対応してもらえる事が多
いためです。

ただ、事業が成長して、必要資金量が増加してきた場合には、1行に融資実行
を依存する事はリスクがあります。なぜなら、取引銀行が1行の場合、当該
金融機関が融資実行を断った場合の調達先がありませんし、また、融資条件の
有利不利を判断できないためです。

御社の場合、融資額が相応の金額ですので、複数行と付き合いを行い、安定的
に資金需要を満たすようにすると良いでしょう。

無料メールマガジン

  • 銀行との付き合い方

  • 創業期支援

  • 成長期支援

  • 再生期支援

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

決算書や担保・保証に頼らない資金調達
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒104-0061 東京都中央区銀座7-17-2
アーク銀座ビルディング 6階  
TEL:03-5565-8622 FAX:03-6740-1866
  
pagetop