コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 金融機関の通信簿

金融機関の通信簿

2016年9月14日号 「名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』」

 

金融庁が中堅・中小企業取引の『質』を見える化するため、
55項目ものベンチマークを設定します。

 

当初、地銀に向けたものだったが、信金信組も同じ指標を使う流れとなりました。
各指標は9月第2週頃に発表されるそうです

 

発表後には各金融機関が自身のビジネスモデルを元に指標の選択を行い、金融庁に提出します

 

このベンチマークを基に金融庁は各金融機関との継続的な対話を行うといっており、
今度この影響で金融機関の対応が変わってくる可能性があります。

 

どの指標を選ぶかの選択権は各金融機関にありますが、5つの共通項目があり、その点はどの金融機関も変わりません

 

その項目は、

 

(1)経営改善効果の現れたメイン取引先数とその融資額推移(過去3年)
(2)貸し付け条件変更先の経営改善計画の進捗状況
(3)銀行が関与した創業・第二創業の件数
(4)ライフステージ別の与信先数とその融資額推移(過去3年)
(5)地元の中小企業融資のうち無担保融資の割合(先数、融資額)

 

  ※ニッキン 7月22日号より抜粋

 

基本的にはこれまでのような担保、保証に頼らない融資と経営支援を行う事を言われています。

 

また共通項目には、支店や個人の業績評価が銀行目線ではなく顧客目線になっているか、
取引先の本業支援に関連する人材育成の取り組み状況なども盛り込まれる予定となっており、
中堅・中小企業に取ってみれば、これまでよりも対応が良くなるかもしれないという期待感はあります。

 

ベンチマークの項目や取引金融機関の動向には普段よりも関心を高めておいた方が良さそうです。

 

無料メールマガジン

  • 銀行との付き合い方

  • 創業期支援

  • 成長期支援

  • 再生期支援

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

決算書や担保・保証に頼らない資金調達
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒104-0061 東京都中央区銀座7-17-2
アーク銀座ビルディング 6階  
TEL:03-5565-8622 FAX:03-6740-1866
  
pagetop