コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 専門家チームで課題解決

専門家チームで課題解決

先日から、顧問先の課題解決で、いろいろな専門家の方々と一緒にお仕事をさせていただく機会が増えてきました。最近は、不動産鑑定士、宅建士、行政書士、司法書士の方々と一緒に仕事をしました。

 

よく耳にする資格保有者の方々ですが、取り扱っている業務が特殊でして、今までどうやって解決しようかと考えていた事案が、より短期間で方針決定まで持っていけるようになりました。

 

よく、何を知っているかより、誰を知っているか、ということを読み聞きしますが、まさにその通りだと思います。

 

不動産の評価額についての相談や鑑定、不動産のセール&リースバックのスポンサー準備を絡めた任意売却、家族信託、相続放棄といった専門家の中でも特に専門的なサービスについて、お仕事を一緒にできる方が見つかったことで、顧問先や相談者への課題解決のアドバイスが明確にできるようになりました。

 

自分も認定事業再生士(CTP)や知的資産経営認定士といった資格を保有しておりますが、その特殊性から上述の専門分野に長けた方々とつながることができたと思っております。

 

こうしてみてみると、やはり中小企業経営は、尖がっていくことだと思います。

 

尖がることで他にはない専門分野で差別化が図れるとともに、尖がることを進めていくことで、次第に裾野も広がっていき、本業の派生的な事業開拓にもつながります。

 

貴方も、意識して、尖がってみてはいかがでしょうか?

 

執筆:坂将典

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう