株式会社エクステンド

株式会社エクステンド
0120-316-071

繁盛貧乏から脱却したい事業者様へ

SP経営集中プログラム

経営が激変する

今すぐ受講

受講ボタン

この経営プログラムは必ず役に立ちます。

悩みから開放され経営はもっと良くなる
悩みから開放され経営はもっと良くなる

5つの疾病 仕事に追われ忙しく資金繰りに追われる日々が続く 疾病図 明日から経営を激変させます

過剰な顧客迎合

顧客の要望にお応え続けることが企業成長の妨げ
今を凌げばいい方法に進んでいくと思っていませんか

下矢印

致命傷になる前に治療が必要です

生産性の向上と時短、高収益化を実現します

生産性が上がり、効率的に利益を増やせます。それがSP経営です

売上・客数至上主義により商品やサービスを広げてしまう

商品やサービスの幅を広げ過ぎて、「誰に何を売るのか?」がぼやけてしまいます。

商品やサービスを分散させると、自社のキャパ以上の仕事も増え、業務が複雑化します。

その結果、本来しなくてもよい「余計なこと」に手をとられ動きが悪くなります。

止めて、減らして、集中して、尖らせることにより単純化します 単純化の図

間違えた値付けが経営に与えるダメージを過剰評価している

「値決め」は経営の要締です。安易かつ間違えた値付けは経営に大きなダメージを与えます。 その結果、忙しいが儲からない「繁盛貧乏」になります。

高収益を目指すためにはまずは値付けを再考し、高価値・高価格路線へと舵を切ります。

安売りは悪です。薄利は善、利益は悪の考えは捨ててください。

下矢印
SP経営の哲学を学ぶことで変わります

経営の王道、集大成プログラム

集大成プログラム

最低10回以上聞き流してください。経営の解を提案しています。

理論を無視してとにかく値上げするという暴論を推奨

SPトリプルスリープロジェクト

3%の絞り込みと3%の値上げで3%営業利益を向上 3%のsimple化と3%のProfitable化と売上横ばいを目指す SP経営を推し進めれば経営はもっとうまくいくはずです

プログラムの一部をご紹介

  • ● 19の経営の無責任な世間の間違え常識
  • ● 非論理的な2つの金融機関対応常識とは?
  • ● 資金のダムを作る。銀行取引の基本ルール10
  • ● 脱・マーケットイン、プロダクトアウトへの発想転換
  • ● 高収益は事業立地で決まる!今掘っている場所にお宝はあるか?
  • ● 繁盛貧乏にならないための「忙しいけど儲からない」5つの理由
  • ● 管理コストの極小化のための8か条
  • ● 若い社長、二世経営者が陥りやすいマネージメントの過ち
  • ● 論理を無視してとにかく値上げする!という暴論
  • ● 経営の生産性向上のためには、まず止める・減らす
  • ● 新しい発想を阻害するパラダイムの呪縛・・・
  • ● 儲かる会社と儲からない会社の差は・・・
  • ● 高収益化のための10のルール
  • ● 脱・雑駁(ざっぱく)経営。雑駁は企業経営の最大の敵
  • ● 経営管理の要諦。3つの指標のバランスと資金繰り

経営力には理論・考え方と程度加減の要素があります。

理論・考え方は

例えば絞り込んで行う、安売りは難解な経営手法などです

この理論・考え方は座学で習得できます。
ただし、その習得レベルは「細胞にまで染み渡るレベル(比喩)での習得」で なければあまり意味を持ちません。 完全に自分のものとし、柔軟に応用を利かせられるものでなければなりません。そのた め、音声による繰り返し聴講が最適です。

程度加減は

例えば絞り込むとはどの程度、安売りとはいくら位などです

これは各々が、それぞれの現場で具体的な最適値を見つけるしか他に方法がありません。 座学での学習は不可能です。 ただし、論理・考え方を完全に習得できていれば、自ずと見つけられるはずです。

聴講を繰り返すと多くの気づきが得られます

SP開発者の紹介

田中英司という人物がわかります。是非ご視聴ください

気になる価格のご紹介

定価16万円

下矢印

会員様に限り特別価格14万円で提供

あなたは何を基準に経営判断を行いますか

経営者の判断ミスは命取り。経営指針がないと迷走します

判断基準を5つの経営指針を提唱しています。

絶対に世間の間違い常識を鵜呑みにしないこと SP経営集中プログラムで会社を強くする高収益戦略を身につけてください 単純で高収益な経営こそ王道です。学べば経営が激変します

¥170,000(税別)
数量

お支払方法

お支払方法

お届け時期

お届け時期

返品について

返品について

送料・配送について

送料・配送について
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒104-0061 東京都中央区銀座7-17-2
アーク銀座ビルディング 6階  
TEL:03-5565-8622 FAX:03-6740-1866
  
pagetop