2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行の常套句「本部が・・・」

銀行の常套句「本部が・・・」

銀行の常套句「本部が・・・」

あなたの会社は、銀行から、

「本部が・・・」

という言葉を言われ、融資を断られたことはないでしょうか。

しかし、「本部で融資審査が通らなかったんだ・・・」と思ってはいけません。銀行の支店が、融資審査が通らなかったのを本部のせいにするのは、お決まりのことです。

中には、本当に本部で審査が通らなかった場合もありますが、ほとんどの場合は支店内で審査が通らなかった、もしくははじめから融資をする気がなかった、ということです。

しかし、支店内で審査して、通らなかったということを言うと、融資を申し込んだ企業からどんなことを言われるか分からない、と銀行は考えます。そこで、本部のせいにするのです。

本部のせいにすると、「支店では融資審査を通そうと、努力をした」というようにとれます。そうして、融資を申し込んだ企業に「努力してくれたんだから、しょうがないな」と納得させるのです。

私も銀行員時代は、よくこの言葉を使いました。銀行員をやっていると、なぜか「私は融資を通すようがんばったけど、本部が・・・」と言いたくなってしまうのです。銀行員は基本的に責任をかぶりたがらない性格になります。そのため、思わず本部のせいにしたくなってしまうのです。

融資審査が通らず、銀行から「本部が・・・」と言われて終わってしまっては意味がありません。必ず、審査が通らなかった理由を尋ねて、今後融資を通しやすくするためにどうしたらいいか、対策を練るようにしてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop