2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 融資を出しやすくするために事業計画書にこれを盛り込む

融資を出しやすくするために事業計画書にこれを盛り込む

事業計画書で自社の返済能力をアピールする

事業計画書は、言わずもがな、融資審査においての強力な材料となります。

銀行が融資を出したい企業。それは、返済をしてくれる企業です。当たり前といっては当たり前ですが、この原則をいかに経営者が意識して、自社がしっかり返済できる企業であることを、銀行に伝えることができるか。

自分の会社は、融資を銀行にしっかり返済できる企業である、ということを銀行にアピールするために、一番良い資料が、事業計画書です。

多少は赤字であったとしても、事業計画書により今後、どう利益を出し、利益から現金が生み出され、それにより返済していける、ということを銀行に伝えていきます。

事業計画書に必ず入れるものは、むこう3~5年の損益計画(年次・月次)ですが、それとともに、資金繰り計画(月次)、つまり予定資金繰り表も入れましょう。

その資金繰り表は、自分の会社が、返済ができる企業であることを説明するための、一つの根拠資料、となります。

中小企業の多くはキャッシュフローで銀行融資の返済ができない

ただ、中小企業のほとんどは、

キャッシュフロー < 銀行への返済額

の状態です。

キャッシュフロー、つまり事業によって年間生み出される現金収入より、年間に返済する金額の方が上回ります。

例えば、年間1,000万円のキャッシュフローが生み出される企業でも、毎月500万円、年間6,000万円の返済を行っていれば、差し引き5,000万円の現金が、流出してしまうことになります。

そのような状況において、年間5,000万円の融資を銀行から受けることによって、資金繰りはまわることになります。

ということは、取引している銀行から融資を受けられる体制はできているよ、ということを事業計画書に盛り込むことができれば、自分の会社は銀行にしっかり返済できる企業である、ということを銀行に伝えることができます。

例えば、3つの銀行と取引している企業、としましょう。

事業計画書に銀行別の融資スタンスを入れる

事業計画書には、3つの銀行別に、次の2つのことを書きます。

1.

各銀行の自社に対する融資のスタンス

2.

各銀行の融資のペース(過去数年の融資の時期と金額)

1については、「銀行から積極的に融資の提案がある。」「銀行が過去のピークまではいつでも出しますよと言ってきている。」というように、銀行が自社に対し、どのような融資のスタンスなのか、銀行は融資についてどのように言ってきているのか、ということを書きます。

2については、

2009年3月 1,500万円(3年返済)実行

2009年9月 2,000万円(3年返済)実行

2010年2月 1,200万円(3年返済)実行

というように、過去数年、銀行ごとに、どのようなペースで融資が出てきたか、を書きます。

これらを表にして、書くことにより、事業計画書の中で、自分の会社は各銀行から資金調達できる力がある企業である、ということを伝えることができます。

また事業計画書における予定資金繰り表の中に、いつの時期にどの銀行に、いくらの融資を受けるつもりだ、ということを書いておきます。

それら融資を受けることにより、資金繰りが円滑にまわる、ということを銀行が理解できるようにします。

このようにすることによって、事業計画書の提出を受けた銀行としては、この企業は、しっかり返済ができる企業なんだ、という印象を受けることになり、融資をスムーズに出しやすくなります。

また事業計画書を提出する銀行に対し、いつにいくらの融資を見込んでいてほしい、ということを書いておきます。

これにより、銀行は心構えができることになります。

ただ、銀行から融資が渋られている企業の場合、その事実を正直に事業計画書に書いておくべきかどうか。

事業計画書を銀行に対して提出するのは、銀行から融資を受けやすくすることが第一の目的です。

不利になるようなことであったら、書かない方がよいです。

ただ、「メイン銀行からはいつでもバックアップすると言われている」というように、メイン銀行が支援体制をしっかりしてくれているのであれば、それを書くことにより、他の銀行も安心してくれる、ということもあります。

要は、事業計画書の見せ方です。返済がしっかりできる企業だよ、ということを銀行にどう印象づけるか、です。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop