2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
経営相談
  1. ホーム
  2. > 経営相談
  3. > 経営(事業)計画書、どのように作ったら良い?

経営(事業)計画書、どのように作ったら良い?経営計画書は企業の将来を決める設計図であり、すぐにでも経営者と一緒に作成に取り掛かるべきです。 計画書に関して 作り方がわからない 効果的な計画書とは? リスケに必要 作成のアドバイスが欲しい

経営(事業)計画書についてこのような悩みをお持ちではないですか?

  • リスケジュール交渉にあたって銀行から経営改善計画書を作るように言われたが、作り方が分からない
  • 銀行から、融資を受けるために経営計画書を作ってほしいと言われたが、そんなものは作ったことがなく、どうしたらよいか分からない。
  • 経営者からは、ただ作れと言われるだけ。どう作ればよいの?

経営(事業)計画書は全ての指針になるもの

経営(事業)計画書を作らないことは、デメリットしかない!

今まで経営計画書を全く作成したことが無い経営者や財務経理担当者にとっては、どのように作成したら良いのか、そもそも何を書けばよいのか分からないことばかりだと思います。
経営計画書が無くても、今まで順調に経営を行っていた場合は問題ないかもしれません。しかし、いざ銀行などから融資を受けたり、リスケジュールを依頼する必要が生じた場合、経営計画書の作成は必須になります。
なぜなら、リスケジュールや新規融資を行う場合、銀行などは「その企業がリスケジュールや融資を行うに値するか」を判断するための最たる資料が「経営(事業)計画書」になるからです。

また、経営計画書は対外的な指針であるとともに、社内での営業戦略や事業目標そのものでもあります。つまり、会社の目指す姿と、その道筋そのものになります。
厳しい状況の会社においては、経営計画書を作らなければ、将来、会社を再生させるための道筋が見えてきません。経営計画書を作成していない場合は、経営者と一緒に、早急に経営計画書を作成する必要があります。

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop