コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 「担保」というもの

「担保」というもの

「担保」というもの

アメリカなどでは、銀行の融資は、企業の将来性とか、技術などを見抜いて行なうことが多いのですが、日本の銀行は、そのようなものを見抜く能力がないのか、いまだ昔ながらの「担保主義」です。

企業が融資を申し込んできた時に、まずは企業の業績を見るのですが、その次に担保を見るといっても過言ではないでしょう。

ですが、担保として差し入れるものがない企業でも、安心して下さい。また話しますが、保証協会の利用、または「無担保」での融資というものもよくありますので。

それはさておき、担保として対象となるものは、まず「不動産」です。担保のほとんどは不動産です。

その他にも、「株式」「預金」、また今は少なくなったのですが「ゴルフ会員権」も担保としての対象です。

不動産を例にとりますが、担保は、金銭価値を評価しなければ銀行にとって意味がありません。評価してはじめて、融資金額の何割が担保で保全(銀行用語で、もし融資した企業が倒れても、回収できる金額のこと)されているかが分かるのです。

例えば、3000万円を融資したとして、その企業から不動産を担保に入れてもらい、その評価金額が2000万円だとすると、保全率は66.7%だ、とのようにやるのです。

評価方法の具体的な話は、今後の号で行ないますのでお楽しみに。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう