コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 保証協会保証付融資からプロパー融資への道

保証協会保証付融資からプロパー融資への道

保証協会保証付融資からプロパー融資への道

プロパー融資とは、信用保証協会の保証がついていない、銀行が全てリスクをかぶる融資を言います。

中小企業が融資を受けるステップは、まず保証協会保証付から、信用が付いた段階でプロパー融資へ移行、というのが普通です。

言ってみれば、プロパー融資を受けられるようになったら、「当社も信用がついたなぁ」と思ってもらっても大丈夫です。

保証協会保証付を何回か受けていて、ある程度自社の信用力が高まったと思ったら、一度銀行に、プロパー融資は受けられないか、打診してみましょう。

しかし、プロパー融資でも、融資の受け方によって審査の通りやすさが全然違います。

基本は、「長期よりも短期」「一括返済よりも分割返済」です。短期・分割返済の方が、銀行としては融資が返ってこなくなるリスクが低くなるからです。

一番審査が通りやすいのは、半年、もしくは1年返済の手形貸付です。

プロパー融資で、はじめから好条件(長期・一括返済)を望んではいけません。プロパー融資入門として、短期の分割返済から、銀行に申し込んでみましょう。

それで、短期の分割返済で何回か融資を受け、きちんと返済も行い、実績を積んでから、長期(1年超)の証書貸付で融資を受けられないか、銀行に打診してみてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう