コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 経営計画書を銀行に出していますか?

経営計画書を銀行に出していますか?

経営計画書を銀行に出していますか?

あなたの会社は、経営計画書を作成していますか?

経営計画書は、例えば中期経営計画書なら、3年〜5年間の計画を示すことになります。

内容は、数年間の貸借対照表・損益計算書の予測、どのように売上・利益を改善するかなど、多岐の項目に渡って、経営計画書に盛り込まれます。

この資料、作成するのは面倒です。日々の仕事に追われて、経営計画書を作ることはなかなか難しいかもしれません。

しかし、一度立ち止まって、ここ数年、自分の会社はどのような動きをし、どのような決算数字をあげていこうとするのか、思い描くことは必要ではないでしょうか。

また、経営計画書を作成することによって、経営者は自然とその計画書に沿って努力するようになるので、業績が良くなりやすいです。

この経営計画書、実は銀行から融資を受けるのにもとても力を発揮するのです。

銀行は経営計画書を見ることによって、この企業はどのような動きをし、また数年後の決算はどのようになるのか、具体的にイメージすることができます。

また、銀行員は経営計画書を読んで、無意識のうちに、この企業はそのうち業績が良くなっていくな、と思ってしまうので、融資判断においても、審査はゆるくなりやすくなります。

赤字などで要注意先になる可能性が高い企業であっても、経営計画書によって評価され、正常先にしてもらえることも多いです。

あなたの会社が銀行から融資を受けるなら、経営計画書を作成しておくと、がぜん有利になるでしょう。

今すぐにでも、作ってみてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう