コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行の常套句「本部が・・・」

銀行の常套句「本部が・・・」

あなたの会社は、銀行から、

「本部が・・・」

という言葉を言われ、融資を断られたことはないでしょうか。

しかし、「本部で融資審査が通らなかったんだ・・・」と思ってはいけません。銀行の支店が、融資審査が通らなかったのを本部のせいにするのは、お決まりのことです。

中には、本当に本部で審査が通らなかった場合もありますが、ほとんどの場合は支店内で審査が通らなかった、もしくははじめから融資をする気がなかった、ということです。

しかし、支店内で審査して、通らなかったということを言うと、融資を申し込んだ企業からどんなことを言われるか分からない、と銀行は考えます。そこで、本部のせいにするのです。

本部のせいにすると、「支店では融資審査を通そうと、努力をした」というようにとれます。そうして、融資を申し込んだ企業に「努力してくれたんだから、しょうがないな」と納得させるのです。

私も銀行員時代は、よくこの言葉を使いました。銀行員をやっていると、なぜか「私は融資を通すようがんばったけど、本部が・・・」と言いたくなってしまうのです。銀行員は基本的に責任をかぶりたがらない性格になります。そのため、思わず本部のせいにしたくなってしまうのです。

融資審査が通らず、銀行から「本部が・・・」と言われて終わってしまっては意味がありません。必ず、審査が通らなかった理由を尋ねて、今後融資を通しやすくするためにどうしたらいいか、対策を練るようにしてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう