コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 決算説明を5倍うまくする方法

決算説明を5倍うまくする方法

決算説明を5倍うまくする方法

決算書ができあがったら銀行に持っていき、説明すること、これを「決算説明」と言います。決算説明でも、「おおなるほど」と銀行員に思わせる説明の仕方もあれば、よく分からない、という説明の仕方もあります。

 

決算説明をうまく行うためには、次の3点を念頭において、行ってください。

 

 1.具体的に話すこと

 2.分析すること

 3.対策を話すこと

 

例えば、次のような決算説明は、下手です。

 

「弊社は、不景気で当期の売上は減少してしまいました。」

 

この説明の仕方では、銀行員にもよく分かりません。

 

まず、なぜ売上が減少したのか、不景気のせいにするのではなく、具体的に話してください。

 

具体的に話すためには、分析をしてみるとよいと思います。分析をするには、事業別、商品別等の売上推移を見るとよいです。どの事業が売上が伸び、どの事業が売上が低下したのか。その要因は、競合他社がでてきたのか、商品が衰退期にあるのか、等です。

 

また、売上が減って残念!ではなく、今期はこういう対策を練り、業績を回復する、というようなことを銀行に説明できると、たとえ業績が悪い決算書でも、銀行員に与える印象は全然違います。

 

このようなことを心がけることによって、決算説明を見違えるものにさせることができます。ぜひ実践してみてください。

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう