コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 毎月「試算表」を作る

毎月「試算表」を作る

銀行から融資を受けるのに、「試算表」は必須です。

決算期から3ヶ月以上過ぎていると、決算書からは月日が経っているため、銀行は現在の業況を「試算表」で判断します。

そこで、銀行は融資を受けようとする企業に、「試算表」を依頼します。

また、経営者が企業の経営管理を行うためにも、「試算表」は必要でしょう。

「試算表」を作っていない、もしくは銀行から言われたときにしか作らない企業は、社長の経営管理能力が低い、と銀行は見ます。

1年経って、税務申告のため「だけ」に領収書をかき集めて決算書を作る、その時まで黒字か赤字か分からない、そのような企業に、銀行は融資を出すわけはありません。

試算表は、必ず作成してください。また、小規模企業等で経理ができる人がいない、という方は、記帳代行業者に依頼するのも一つの方法です。

弊社でも、創業2年未満の企業・個人事業主もしくは年商8千万円以下の企業・個人事業主に限り、記帳代行と試算表に基づいての助言を行っています。
お問い合わせは mailto:info@extend-ma.co.jp まで。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう