コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 口座開設

口座開設

企業が、取引したことのない銀行に預金口座を開設しようとするとき、簡単に開設させてくれないことがあります。

支店の窓口で口座開設を申込みすると、預金係の役席などが出てきて、

「なぜ、うちの銀行で口座開設するのか」

と理由を聞かれます。

企業といっても、ダミー会社など、怪しい企業も多いので、そのような企業の口座を開設して将来トラブルを招くことを防ぐためです。

銀行によっては(み○ほ銀行など)、口座開設の申込みをしてから、審査のため数日を要するところもあります。

預金口座をスムーズに開設してもらうためには、商業登記簿謄本を用意、また窓口訪問者の免許証を提示することが必要ですが、他に、会社概要などの資料も提出すると、スムーズに開設しやすくなります。

また、銀行が一番知りたいことは、

「なぜ、この銀行のこの支店で口座開設するのか」

ですので、その理由をしっかり考えておくことが必要です。

会社が近い、営業所が近い、近くに店を構えようと思っている、など、理由をしっかり考えておいてください。

また、会社概要などを銀行に提出しておくと、その後、融資などの話につながっていくかもしれません。その銀行と融資取引を考えているのなら、資料をいろいろ提出しておくことも、よい方法です。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう