コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 試算表

試算表

あなたの会社は、銀行に試算表を出していますか。

最低3ヶ月に1度、できれば1ヶ月に1度は、銀行に、試算表を提出した方がよいです。いや、そうするべきです。

銀行はなぜ中小企業への融資に慎重になるのか、大きな理由の一つとして、「情報開示不足」があります。

もうかっているのかもうかっていないのか分からない会社に、銀行は融資をしたくありません。

また、1年に1回、決算のときにしか、経営数字が分からない会社は、銀行としては、融資を出すのがこわいです。

銀行としては、最近の状況を知りたいのですから。

そのため、銀行は企業に、試算表を提出して、現在の経営状況を教えてほしいと思っています。

また、試算表を作っていない会社もあります。

経理事務を行う人がいなかったり、顧問税理士に丸投げであったりするのが理由でしょう。

しかし、そのような会社は、論外です。

そのような会社は、1年たってみなければ、黒字か赤字かも分からないのです。そんな会社に、銀行はおっかなくて、お金を貸せませんよね。

試算表が毎月できてこない会社は、まず、試算表を毎月できてくるようにしてください。

そして、試算表を毎月、銀行に提出するようにしてください。郵送でもかまいません。

また、今まで融資を申し込んだが、だめであった銀行へも、試算表を郵送するのもよいでしょう。

銀行は、融資先を探しているので、取引のない企業から試算表が送られてこれば、必ずチェックをしています。そして、融資をする方法がないかを考えています。

試算表を提出して「情報開示」をしておくことによって、融資を受けられるチャンスが増えます。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう