コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 資金調達と売上の関係

資金調達と売上の関係

最近、よくいただくご質問が、

A売上1億円利益5百万円
B売上1千万円利益5百万円

どちらの企業が大きな金額で融資を受けやすいか

というようなものです。

答えは、Aです。

Bの方が、利益率は高く、一見融資を受けやすいようにみえますが、銀行が融資をしやすいのは、売上が大きいAの方です。

確かに、銀行の格付が高いのは、利益率の大きいBです。

しかし、例えば銀行に2千万円を申込んだ場合、銀行はAに対しては、

「売上1億円だから、運転資金として2千万円ぐらいは必要だろう。」

という考え方をしますが、Bに対しては、

「なんで売上1千万円なのに、融資が2千万円必要なの?」

という考え方をします。

そのため、格付はBが高くなりますが、一方で売上は少なく、そのため大きな金額の融資を出す理由がなく、Bは大きな金額の融資を受けにくくなります。

対して、Aは、格付はBに比較して低いですが、売上が大きいため、融資の金額も大きくなります。

例えば、ある会社Cが工事を受注し、それをそのままDという会社に丸投げする場合、その仕事が1億円で、利益が2千万円とすると、利益はCとDで折半する場合、Dで売上を計上してCがマージン(紹介料)をとるのであれば、Cの売上は1千万円、利益1千万円となりますが、Cの売上としてDに外注する場合、Cの売上は1億円、利益1千万円となります。

同じ利益でも、売上は大きくちがいます。

確かに、Cの利益率は、売上を1億円にすると下がりますが、売上を大きくすることにより融資を大きい金額で受けやすくなります。

ただ、売上を大きくしたばっかりに利益率を低くして格付が下がってしまうことは問題ですし、また売上を自社で計上するのであれば、その分、回収リスクも大きくなります。バランスを考えていくことが大切です。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう