コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 負債に対する心の持ち方

負債に対する心の持ち方

当メルマガを読んでいただいている中小企業経営者のみなさまには、いろいろな状況の方がおられることでしょう。

総借入金額が3千万円の方もいらっしゃれば、3億円の方、もしくは30億円の方もいらっしゃることでしょう。

経営者の方は、自社の総借入金額を見て、

「3億円も借入してしまっているのか。とても返しきれない・・・」

と思い、日々、ため息をついていらっしゃるのかもしれません。

ただ、私が思うのは、事業が続いていくかぎりは、借入金が0になることは、よほど優良な会社でないかぎりはありえない、ということです。

事業を継続するには、運転資金が必要となり、設備資金が必要となります。
無借金で資金繰りをまわしていける会社はめったにありません。

企業は、借入がある状態が、当たり前です。

だから、借入額がどれだけあるか、経営者はそればかり気にしていても仕方ないわけです。

経営者としては、借入額がどれだけあるかよりも、どうやって経営していって会社を継続、発展させていくか、それを考えていかなければなりません。

私自身も、中小企業の一経営者です。毎月、試算表とにらめっこし、どう利益を上げていくか、どう資金繰りをまわしていくか、考えています。

他、売上をどう作るか、人をどう教育するか、組織はどう固めていくか、管理体制はどうしていくか、などなど、あらゆる経営の問題を考え続けています。

経営者のみなさん、次のようなことを考えてみてください。

例えば、

A社総借入額3千万円
毎月返済金額70万円+毎月利息支払金額5万円=毎月支払金額75万円

B社総借入額3億円
毎月返済金額700万円+毎月利息支払金額50万円=毎月支払金額750万円

この2つの会社を比較してみます。

B社は、A社より、総借入額が10倍あり、毎月の返済金額も10倍あります。
どちらも年商は4億円。

B社は、決算内容が悪く、新たな借入が困難だとします。

そうすると、とたんにB社は、毎月の返済金額の負担が重くなります。
銀行とリスケジュール交渉を行い、毎月返済金額を少なくしてもらわなければなりません。

リスケジュール交渉により、毎月返済金額を700万円から、25万円に、一気に落としてもらいました。そしてB社は資金繰りがまわるようになりました。

ここでの状況を考えてみます。

A社総借入額3千万円
毎月返済金額70万円+毎月利息支払金額5万円=毎月支払金額75万円

B社総借入額3億円
毎月返済金額25万円+毎月利息支払金額50万円=毎月支払金額75万円

確かに、B社はA社より借入金額が10倍ありますが、毎月支払金額はA社と同じになりました。

資金繰り面から考えると、銀行に支払う金額は、どちらも毎月75万円で、同じなのです。

そこを考えると、A社の状態とB社の状態と、そんなに大きな違いはありますでしょうか。

どっちみち、事業が継続するかぎりは、借入を無借金にすることはよほど優良な会社でないかぎりはありえないのです。借入が減っていかない状態に経営者が後ろめたさを感じるから気が重くなってしまうのであり、その後ろめたさを感じなければ、総借入額が3千万円でも3億円であっても、たいした違いではありません。

ここ、厳しい状況の中小企業が再生していくにあたって、経営者の心がまえとして本当に重要なポイントですよ。

このような考え方に経営者の頭を切り替えるところから、再生への道がスタートします。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう