コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 12月は保証協会審査がとおりやすくなる月

12月は保証協会審査がとおりやすくなる月

今年も12月になりました。1年がすぎるのは、本当に早いですね。

12月は、実は保証協会の審査が通りやすくなる月です。

12月は、ふだんの3倍、保証協会に保証申込みがあります。

なぜなら、年越しを迎えるにあたって、資金繰りが安心である状態にしておこうと、融資を受けようとする企業が多いからです。

ただ、保証協会に申込みがたくさんあっても、一方で保証協会の職員数は変わりません。

ということは、一つ一つの案件を審査する時間が短くなってしまい、それだけ審査が甘くなりやすい、ということになります。

12月15日までに保証協会に書類が受理され、受付印が押されたものは、今年中に保証協会が審査をしてくれます。

特に、今まで保証協会保証付き融資が反復利用され、延滞になってもいない企業は、すんなりと審査が通りやすくなります。

ということは、今のうちに保証協会の保証を申込んでおくと、審査が通りやすい、ということになります。

また、他に審査が通りやすい時期は、3月と9月。銀行の決算期と中間決算期であり、多くの銀行では、この時に融資量を増やしておこうとします。

銀行全体の融資量は、銀行の規模をはかる上で重要な指標であり、どこの銀行も自分の銀行の規模を大きく見せようとします。

をそうすると、銀行は多くの融資案件を集め、保証協会に申込みは殺到してしまうのです。

また、保証協会の保証をつけない、いわゆるプロパー融資においても、年末に融資申込みが多くなるのは変わらないため、銀行での審査は多少、甘くなることでしょう。

このような、融資が受けやすい時期、というのを頭に入れておくと、融資を受けるにあたって多少は役に立ちます。

ただ、多少は審査が通りやすい、というだけであって、現状なかなか融資を受けられない企業が、この時期になったら融資を受けられるようになる、というわけではありません。

融資を受けられず、一方で毎月の返済負担が重いのであれば、銀行とリスケジュールの交渉を行うことも検討しなければなりません。

新年を迎えるにあたって、資金繰りを安心できるようにしておくためには、融資を受けるという選択肢もあれば、リスケジュールにより返済金額を0近くにし、資金繰りがなんとかまわるような状態にしておく、という選択肢もあります。

保証協会の保証申込書を来週早々に銀行からもらって記入し、銀行に渡すぐらいでないと、日にちはあっという間にすぎてしまいます。

銀行に「15日までに保証協会が受領するように保証申込書を保証協会に送ってほしい」と、念を押しておく必要もあります。

なんとか資金繰りの不安を少なくして、新しい年を迎えたいものです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう