コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 数字と管理

数字と管理

経営をしていく中で、経営上、重要な数値を把握しないまま経営をし
ていくことを「どんぶり勘定」といいます。

よって、よく経営者の方とお話しすると「うちはどんぶり勘定で、
数値を把握していない」という言葉も出てきます。

やはり、数値をもとに経営分析し、経営判断をしていくことは非常に
重要で、どんぶり勘定を脱出するだけで業績や資金繰りが回復する場
合もあるほどです。

しかし、実は数値管理ができていない会社だけがどんぶり勘定という
訳ではありません。

これはどういう意味なのでしょうか?

【数値管理=「どんぶり勘定脱出」】ではないということなのです。

これは、数値管理をしている「だけ」ですと、重要な経営数値を把
握できていない場合もあるということなのです。

例えば、一生懸命に経営の教科書に書いているよう様々な経営分析
のための経営指標を出したとしても、その会社(業界)で、経営上、
重要なポイントを占める指標に基づいて経営判断していなければ、
結局はどんぶり勘定と同じということになってしまうのです。

よって、まったく数値管理していないというのであれば、まずは、
数値を把握できる体制を作ることは大切ですが、それだけでは、
まだ足りないのということなのです。

経営で出てくる数値はたくさんあるので、それらの数値の中で、
自社が成長していくために「使える・使うべき」数値を厳選する
段階があるのです。

そのためには、自社の取り巻く状況を把握・分析し、次の戦略・
戦術に活かすべき数字を理解している必要があるのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう